最悪な事例が発生しました!

お電話でのお問合せ

06-6599-8541

【営業時間】09:30~18:30 【定休日】水曜日・日祝は事前予約のみ

2021年07月02日

最悪な事例が発生しました!

数年前に仲介をしたお客様から電話が来ました!

別の場所に引っ越ししたのは知っていたので、「何事?」という感じでした。 

理由が、当時の部屋の退去トラブルです。
 
管理会社が変わり、管理会社の引継ぎ時に、お客様の退去時精算費用を未払い計上されたようなんです。

実際は、何のトラブルもなく退去したようで、
クリーニング費用の精算をした記憶があるというぐらいなんです。
当時の領収書なんて、まぁ残して無いですよね。 

聞いてみると、多分クリーニング費用と別の原状回復費を、未清算計上されているようなのです。

それを、新しい管理会社は債権として売却したようで、回収業者と大揉め状態。

お客様からすると、何の事か意味不明な電話だったようです。

この原状回復費などの債権買取業者なんですが、最近ウチの会社にも電話が掛かってきますよ。

ただ、この債権買取。

個人的には、ヤミ金並みにヤバいです。違法・合法のギリギリだと思われます。

債権を買い取りしているので、回収するのは当然分かりますが、違法ギリギリなのは、非弁行為に当たる可能性があるから。

ウチの管理させてもらった物件で、未納家賃なんてありませんよ!

原状回復費の請求も、ほぼ ありませんよ。あったとしたら、保険対応で上手く処理させていただいていますし。

入居者も大家さんも、影響なしです。

クリーニング費用。実際は、この請求をする事も、違法スレスレなんですが、双方合意であればOKという名の下に、強制的に搾取しています。

退去時クリーニング費用25,000円(税別)と、特約に記載していたら、特約事項に記載した内容を含んで、賃貸借契約書に署名捺印をするので、双方合意 となるんですよね。

正直、こんなの無茶苦茶な話です。

私、過去に仲介会社に「これ削除しろ!」ってやった事あります。

そしたら、管理会社より「この内容で契約出来ないなら、契約しません!そして、自己都合解約として、初期費用は払え!」って言ってきたので、大喧嘩しましたよ。

事の顛末は、ココでは言えませんが。

そんなこんなで、お客様から「訴訟する!って脅されたんですが、どうしたら良いですか?」とのヘルプコールだったんです。 
 

その前に、「訴訟になる根拠となる債権って、元々無いような…。」です。

厄介な事に、当時の管理会社は、もう存在しない法人なんです。

当然今の管理会社からすると、「未回収費用って記載があったから、その費用をオーナーに補填するため、債権として売却しただけ。」と。

言ってる事は分かるんだが、「確実な未回収費用という根拠があって、売ったのか?」と聞くと、

「そんなん知らんし!その費用売ったのも、2年ほど前やから、資料もここに無いし、知らんわ!」と。

「何ちゅう、無責任な!」
ちょっとここから先の話は、書くと色々今後に影響が出そうなので、書けないんですが、管理会社と債権回収業者相手に裁判かと。 

 
 数年に一回ぐらい、この手の裁判に関係する事があるんですよね。時々、知り合いの弁護士さんから協力依頼とか。

今回は、以前に協力要請された弁護士さんに、依頼をしました!

「協力してくれるならOK!」と。

「やっぱりそう来たか!」

ウチの会社、そのうちその手の会社に睨まれるんじゃないかとヒヤヒヤ! 

さてさて、どうなることやら。

まぁ、そんな縁もあってか、お客様から「また引っ越ししたい。 お部屋探しお願いします。」と。 

ページの先頭へ